2017.11.01
  • Facebook
  • Twitter
Urara Muramatsu

Writer:Urara Muramatsu

9歳からニューヨークに在住、H.P. FRANCE N.Y. INC勤務のCreative Strategist。

RUN PRAYER, RUN CAFÉ, RUN LIBRARY

at Bridget Donahue Gallery

ニューヨークのBridget Donahue Galleryにて、スーザン•チャンチオロの新作品、「RUN PRAYER, RUN CAFÉ, RUN LIBRARY」が9月21日〜12月3日の期間で展示されている。

 

彼女は今年Whitney Museumで実験的レストラン「RUN RESTAURANT」を開催したばかりで、数年前から始まったこのRUNシリーズは、嬉しい事に続きそうだ。

 

チャイナタウンとSOHOの間にあるギャラリーに足を踏み入れると、スーザンの作品が淡い水彩色の様な空気を醸し出し、とても心地がいいスペースになっていた。
タイトルのとおり、RUN PRAYER, RUN CAFÉ, RUN LIBRARYの3つの作品が部屋の様な形で展示されている。

 

RUN PRAYERは礼拝堂。靴を脱いで座れば、なんだか分からないけど、たどり着いた気持ちになった。どんな事を祈っても良いのだろう。

RUN CAFÉはカフェ。暖かいティーと、スパイスの効いた甘いチョコを出してくれた。所々に、スーザンの娘さんが手を加えた作品がある。

RUN LIBRARYは図書館。輪を描いて椅子が置いてあり、美しく本を読む場面を提案している。

 

スーザンのRUNシリーズは、アーティスト以外の人の手が加わる事で発生する、生きている作品が多い。盛り上がりが有り、時には静けさもあり、広がりがある。
スーザンが説く「美」を、どんな人にも是非体験してもらいたい。

[ PR ]

PRPR