2018.06.01
  • Facebook
  • Twitter

Café Forgot

Photo by Christian DeFonte

Photo by Allegra Sussman

Photo by Christian DeFonte

*英訳は日本語の後に記載しています

*English follows Japanese

 

エマージングデザイナーズショップ「Café Forgot」オーナーの女の子2人、Lucy とVitaはポートランドの大学で知り合い、似た者同士の思想で服を作るエマージングデザイナー達を発信するため、ニューヨークで念願のプロジェクトを始めました。そんなクールなSheros二人をインタビューしてみました!

 

プロジェクトの動機やインスピレーションを教えて下さい。

二人で同じポートランドの大学に通いながら、いつかファッション関連のプロジェクトを一緒にしたいねと話していました。ニューヨークの「Deep End Club」やポートランドの「Stand Up Comedy」などの先鋭的なお店にインスピレーションを受けてます。お店を使ってパーティーや、展覧会や、アートパフォーマンス的なイベントをしている所が好きなんです。ニューヨークでは沢山のクリエイティブな友達やアーティストのコミュニティーに囲まれているから、新しいデザイナー達が集える場所、そして作品を見せるプラットフォームが必要だと感じたの。

 

どんなコミュニティーをサポートしていますか?

時間や金銭的自由がまだないけど、とても才能がある若いデザイナーたちが表現出来るスペースを提供しています。お店の多くのデザイナーがニューヨークに住んでる若い女性達なの、例えば Marland Backus、Sophie Andes-Gascon、Claire McKinney、Autobody Clothingとか。最近ではグローバルにブランドを仕入れる様にもなりました。ロンドンのHELENAMANZANOや、ノルウェーのBror August、そしてカリフォルニア出身のPocheとAnnabell Lee。遠方のデザイナー達と繋がったり、客層を作ってくれたり、インスタグラムはとても良いビジネスのプラットフォームになってるわ。私達はE-shopを作るより、フィジカルなショッピングエクスペリエンスの方が好きなんです。お客様やフォロワーと友達になれる機会だから。

 

次はどんなことをして見たいですか?将来の希望と夢を教えてください。

ポップアップを定期的にすることによって、集中して濃い内容を提供することが出来ています。次の7月/8月のポップアップに向けて今は準備中です。未来の夢はニューヨークのダウンタウンで路面店を開くこと。ビジュアルコンテンツはCafé forgotの大事な要素なので、いつも若いフォトグラファーやモデルとインスタグラムの為の内容を作っています。この頃は次の撮影と、それをいつでもシェア出来るウェブサイトの建設をしています。

 

Lucy and Vita are 2 owners of Emerging Designers Shop : Café forgot.  They met each other in Portland while attending the same college, and started this project in New York in order to support like-minded emerging designers. Here is the interview with these 2 cool sheros!

 

What is the motive of your project and what made you inspire to do it?

We attended college in Portland together and had always talked about working on a collaborative fashion project. We were inspired by non-traditional stores such as the Deep End Club in New York and Stand up Comedy in Portland. We like stores that use their spaces to throw parties, host shows, have art performances etc. In New York, we are surrounded by a community of creative friends and artists. We saw the need to create a platform for young designers to show their work and connect with likeminded artists.

 

What is the community you are a voice of?

We provide a means of creative expression for young designers who are very talented but don’t have the time or money to start their own business quite yet.  Many of our designers are young woman based in NYC, such as Marland Backus, Sophie Andes-Gascon, Claire McKinney, and Autobody Clothing. Recently we have added a few from other locations around the globe, such as HELENAMANZANO from London, Bror August from Norway, and Poche and Annabell Lee who are both based in California. Instagram has been an instrumental platform because it enables us to connect with our designers outside of New York as well as create a customer base. We do not have an online store and favor the IRL shopping experience over commerce because it allows us to become friends with many of our followers.

 

What is your next step? What are some future dreams and hopes?

We have been working in the pop up format for some time which has given us the opportunity to hone and focus our project. We are in the process of planning our next Café forgot pop up, which will be open in July/August 2018. Our future dream is to open a permanent brick and mortar location in downtown NYC. Editorial content is a big part of Café forgot. We are always working with young photographers and models to create content for instagram. We are in the process of planning our next shoot and building a website to share our editorial content.

 

Thank you Lucy and Vita!

 

INSTAGRAM : @cafe_forgot

WEB : cafeforgot.com

Urara Muramatsu

Writer:Urara Muramatsu

9歳からニューヨークに在住、H.P. FRANCE N.Y. INC勤務のCreative Strategist。

[ PR ]

PRPR